FC2ブログ

萌えるゴミ

二次元に萌えるゴミの日常
IMG_5271.jpg

この写真はEOS 5DのISO1600で撮ったものなんですが、

JPEG撮って出しの画像と、
RAWデータをDPPで現像した場合と、
silkypix DSP(体験版)で現像した場合でのノイズの多さを検証してみます。
DPPはシャープ0設定、silkyはシャープなしの設定です。

jpeg.jpg

DPP_20110129181532.jpg

silky.jpg

ご覧の通りDPPを通すとザラザラ画像になります。
解像感はあるけど、こんなにザラザラになるんじゃ使い物になりません。
silkypixDSPはDPPより解像感で劣るものの、圧倒的なノイズの少なさです。

ノイジーなDPPはISO400で撮ったRAWを少し画像処理しただけで、
ザラザラの砂嵐状態になります。
JPEGをphotoshopでレタッチした方がよほどノイズ少ないくらい。
とにかくISO400以上で撮ったデータはDPPに通すともれなくノイジーな糞画質になります。

silkypixは神。
高感度で撮ったRAWデータを画像補正しようが、DPPみたいにノイズが出ない。
デティールを残しながらうまくノイズだけ消してくれる。



ハァ・・・、DPPの使い勝手がいいから、5DはRAW撮り専門にしようかと思ったんですけど、
DPPで現像すると、カメラ内のJPEGにも負けるとかもうね・・・。

かといってsilkypixは重いし、高いしなぁ。。。

今まで通りJPEG野朗として生きるのもアリなんですけど、
フルサイズは周辺減光の影響受けやすいから、RAWで補正しないと厳しいんですよねぇ・・・。