FC2ブログ

萌えるゴミ

二次元に萌えるゴミの日常
オーディオテクニカの真鍮スパイク受けを購入してみました。

1_20140222163121a2e.jpg
AT6294という商品で、
真鍮がベース素材で底面にハネナイトゴムが付いてる物です。

本当はアコリバの真鍮スパイク受けを買おうと思ったんですけど、
サイズが同じくらいでオーテクの方が安いし、ハネナイトゴムが付いててキンキンしなさそうでいいかなと思って買ったんですよ…。


2_20140222163123c06.jpg
姫子「せっせせっせ」

というわけで姫子ちゃんにセッティングを手伝ってもらって視聴開始。


ん!?
音の傾向としては華やかで明るい感じになるねぇ~。
中高音の見通しがよくなるので、ボーカルの定位が良くなる感じ。
低音は弱くなるかなぁ。。。ダイナミックさが薄れてしまったような感じ。

ボーカルはなかなか良い感じだが、
再生音に床の振動が混ざるような感じで音場の広がりがあまり良くない印象。

なんか、高い金出して買った割りにはあんま良くないかもってのが第一印象。
速攻オクで売り飛ばしたくなってきました。


4_20140222163127473.jpg
AT6098というオーテクの低価格インシュレーターにスパイク直刺しの方がなぜか音がいいんですよね…。
この設置方法だとマジで神が光臨しやがる…。
平野綾の「恋色空」を再生しようもんなら、ボーカルがスピーカー上方で定位し、
目の前に平野綾が歌ってる姿が浮き上がり、悶絶して射精しそうになるほどだ。

低音もダイナミックに出るし、音の分離が良くなって音数が増える印象なのだ。
音場もストレスなくパァーっと開放的に広がる感じなんですよ。

なんで安いインシュレーターの方が音がいいんだ…。
同じ真鍮+ハネナイト素材なのになぜ???

やっぱ厚みが関係してるのかなぁ・・・。
AT6098の方が厚みがあるので、床からの振動をスピーカーに伝えにくいのかもしれない。。。
もしかすると、設置面積が少ないのも良い方に働いているのかな?

でもこの設置方法だと地震が来たら1発でアウトですよね…。
早々に対策を練らねばならん。
ホームセンターで適当な真鍮板を買ってきて自作するのが良いかな。


3_20140222163125dcf.jpg
他にも色々試してみてはいるんだけど、
音の傾向的には真鍮が好みかも。。。

TAOCのステンレス製のスパイク受けはなんか地味な音色だし薄っぺらいから制振効果は低い気がするし、
J1青は付帯音が無くていいかなと思ったけど、樹脂だからか音のエッジが丸くなるのに違和感を感じた。
黒檀ブロックはパッと聴いた感じ良い感じだったが、再生音に妙な付帯音が乗ってくるのがイラついた。
コメント
この記事へのコメント
部品で
AV、オーディオ全盛期には大手メーカーからセラミックインシュレータ付機器が出ていたのでそれらのジャンク品を入手して脚だけ流用するのはどうでしょうか?

床の状態は分かりませんが弱く響き易いのであれば逆に生かす方向で。

ある程度丈夫であればコンクリやガラス、ブチルゴムとかを床に置いてからとか。

PS.SPケーブルはキャブタイヤが安価なワリにいいよね(笑)
2014/02/23(日) 13:17:28 | 国宝 | #tz/xCSdw[ 編集]
>国宝さん
中古アンプを買って足だけ流用となると、
余った本体の処分が問題になってしまうんですよね…。

昨日、ホームセンターで売ってた
厚み4.5cmのコンクリートの平板(1枚340円)を敷いてみました。
重量がかなりあり期待していたのですが、
思ったより低音がブーミーに出て、
あぁ、こりゃダメだな。。。と
裏庭に捨ててしまいましたwww
ボーカルの音像の立ちかたなんかは悪くなかったのですが。。。

足周りは軟すぎても固めすぎてもダメなのかなぁと感じています。

難しいですねオーディオって。

キャブタイヤって使ったことないんですよね。
ホムセンで安く買えそうだし今度試してみようかな?


http://www.vcyoyo-mitsuke.jp/shopdetail/031000000001/031/O/page1/order/
厚み12cmの真鍮インシュレーターを
見つけたので注文手配しているところです。

8個で12000円とかなり痛い出費となりそうですが、
もうこれにかけるしかありません…。
2014/02/24(月) 01:36:21 | BAN | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haradaeiji.blog85.fc2.com/tb.php/1253-8ae8b307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック