FC2ブログ

萌えるゴミ

二次元に萌えるゴミの日常
オクで落としたLUXMANのDA-100が届きました。
右のは愛用してるizoのiHA-1AというDAC内蔵ヘッドホンアンプ。

2_20140409001038b38.jpg

早速視聴してみましたが、
DACの音の傾向としては
良く言えば暖色系でマッタリサウンド、悪く言えば曇っていてスピード感が弱いといった感じ。

ボーカルは肉感豊かに聞かせてくれるし、バイオリンの音も細くなりすぎず艶やかに聞かせてくれる。
中域重視で高域は刺激が無く丸めているっていう感じの音なのかなぁ~?
ちょっと曇っていて華やかさに欠ける印象がある。
聴きやすいっちゃ聴きやすいけど、ちょっと派手さが無くて物足りないかも…。
すべて柔らかいサウンドになってしまうというか、硬いところは硬く出て欲しいと思ってしまいます。
これがラックストーンと言われてしまえばそれまでなのですが。。。

iZOのiHA-1Aの方が、
解像感が高く空間の見通しの良い音でスピード感がある感じですね。
DA-100より線の細い音なので、バイオリンの音やsuaraの声がイマイチになってしまいますが、
私の好みはiHA-1Aの方かもしれません。

DA-100は良くも悪くも味付けされた音でシステムを選ぶかなぁとは思いました。


3_2014040900104180c.jpg

現在は、DA-100をDDコンバーター兼HPAにして、
iHA-1AをDAコンバーターとして使用しています。
DA-100をDDコンバーターとして使うのは勿体無い気がするけど、
これが解像度が高く音場が広い音で気に入った。
しばらくこの組み合わせでいくかもしれん。

iHA-1Aは古い機種だけど当時10万くらいした機種だし、馬鹿にできないって事なのかね?




k701でヘッドホンアンプの比較もしてみたけど、
DA-100は解像度が高くヌケの良い音で音を良く分解するが音場はあまり広くない。
iHA-1Aは音場が広いけどモノトーン色の強い音調でメリハリに欠ける感じでした。
どちらが良いかは好みの範囲ですが、
DA-100でK701を聴くとノリノリで凄い楽しい事だけは確か。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haradaeiji.blog85.fc2.com/tb.php/1286-612ffea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック